英語スピーチ入試

導入の背景

  1. 今こそ話す力を
    大学入試において英語は4技能をバランスよく学ぶことが重要だといわれています。特に日本では「話す・書く」に費やす授業数が少ないといわれています。入試で「話す」力を問うことはこのような世の中の流れに合致したことと考えます。
  2. 英語を伸ばす環境があります
    英会話を学んできた方は今までその力を中学受験ではなかなか発揮する機会はありませんでした。本校は中1からネイティブの授業が週3時間もあり、英会話を学んできた生徒の英語力をより伸ばす環境があります。

中学英語入試の試験内容

  1. スピーチ
    自分自身のことや身の回りに関する内容
    150~300 Word
    (暗記はしなくても大丈夫ですが、なるべく前を見て話してください)
    9月に本校ホームページにテーマ・試験のポイントを掲載予定
  2. インタビュー(英語で数問質問しますので英語で答えてください)
    スピーチの内容に関する質問やコミュニケーション能力を測る質問

試験の流れ

  1. 入室・挨拶
  2. スピーチ
  3. インタビュー
  4. 退出・挨拶

平成30年 英語スピーチ入試日程

  1. 2月1日(木)15:00~
  2. 2月2日(金)15:00~