新着情報 - 緊急情報

二学期に向けた学校生活の確認事項

  1. 毎朝の検温と体調確認

    引き続き起床時に体温を測り「健康観察カード」に記録しましょう。平熱より高い、風邪のような症状や強い倦怠感など普段と違う異常を感じたとき、また家族に発熱者がいるときには無理して登校せず、Sigfyで学校に連絡を入れてください。(特別欠席扱い)
    万が一検温を忘れて登校した場合は、保健室や職員室で検温します。

  2. マスクの着用と熱中症対策
  3. 気温や湿度が高い日の登下校や体育実技、クラブ活動の際には、熱中症などの健康被害を避けるためマスクは外しましょう。その際には人との距離を保ち、会話は慎んでください。
    空調の整った学校の校舎内では、できるだけ速やかにマスクを着用しましょう。マスクは学校生活の中で汚れたり破損することがあります。カバンの中に各自が予備のマスクを準備してください。電車やバスなど公共交通機関を利用する際には必ずマスクを着用してください。

  4. 手洗い・うがい・咳エチケットを徹底し、3つの密を避ける
  5. 登校時、トイレの後、食事の前後等こまめに石けんによる手洗い、うがいをしてください。使用したマスクや洟(はな)をかんだティッシュは持ち帰りましょう。学校生活の中でも「密」を避け、教室等の換気を心がけます。

  6. 昼食時の注意
  7. 全員がマスクを外す昼食の時間は、感染のリスクが最も高まります。一学期同様に食事は自席で、持参した弁当などを静かに食べます。食事が終わったら速やかに手洗い・うがいをしマスクを着用してください。カフェテリアは座席数を減らして営業しますので、外から持ち込んだ食べ物を食べることはやめましょう。テイクアウト弁当等の販売も行います。

  8. 校内の消毒
  9. 大勢が共用する部分(ドアノブ、手すり、スイッチ等)にポイントを絞り1日数回消毒を行います。
    基本的には手洗い・うがいが重要ですが、手指消毒用アルコールも校内に設置しています。

  10. その他
  11. 都内では現在も数多くの感染者が報告されています。誰もが感染のリスクは身近になりつつあります。感染予防のための行動や感染者・濃厚接触者に対する、偏見や差別につながる行為(SNSを含む)はやめましょう。

    ~学校の対策について~

    本校では、教員は授業中にマスクやフェイスシールドを着用し、飛沫感染等を予防します。エアコン使用中も教室の窓やドアを可能な限り開放し、教室の換気を促します。
    登下校の「密」を避けるため、通学路での指導を実施します。
    校舎内は業者による消毒を一日数回実施します。

    ※万が一、生徒やご家族で感染や濃厚接触が判明した際には至急学校までご連絡ください。