学習支援センター

2013年度5月よりスタートした学習支援センターは基礎力を身に付け、自学自習の出来る生徒を育てることを目的に設立されました。具体的に1.『基礎力定着プログラム、2.『ステップアッププログラム』、3.クラブ活動と勉強の両立を配慮した『学習支援センター利用の優先時間帯』、4.『受験対策プログラム』など4つのプログラムを設けました。


基礎力定着プログラム ステップアッププログラム クラブ優先時間帯 受験対策プログラム

1. 弱点は翌日に積み残さない(基礎力定着プログラム)

英数国の3科目。必ず身につけて欲しい分野について朝、確認テストを実施します。終礼でテストは返却。不合格の場合はパソコンを使用して映像学習を行い再テストを実施。

受験対策プログラムの流れ

2. 予備校に行く必要はありません(ステップアッププログラム)

英数国の3科目。必ず身につけて欲しい分野について朝、確認テストを実施します。
終礼でテストは返却。不合格の場合はパソコンなどを使用して学習を行い再テストを実施。さらに不合格の場合はチューターにより指導し、確実に理解して1日を終えるようにします。

学習計画チェック表
①単元別映像講座

【対象】中1~高3(センター試験レベルまで)
【特色】3分~15分程度の映像授業と演習プリント
予習・復習向き基礎定着向き

②Vトレーニング(プリント学習)

【対象】中1~高3(センター試験レベルまで)
プリント学習
復習・応用力アップ向き

③VOD大学受験映像講座

【対象】高2・高3
90~120分の授業映像
応用力アップ・大学受験向き


夜8時まで勉強可能

3.夜8時まで学校で勉強ができます

週4回以上活動しているクラブの生徒は希望により、夜8時まで(中学生は7時まで)学習支援センターを利用し、2のステップアッププログラムを受講することができます。 もちろんチューターも常駐しています。


対策講座は学校が半額補助

4.志望校別対策講座は学校が半額補助します

国公立・早慶上理・GMARCHを志望する場合、志望校別個別指導を実施します。別途費用がかかりますが、学校が半額補助し合格をバックアップします。 また、受験科目に対応した選択科目を設置し(高3)、春期夏期冬期講習で受験対策を実施しています。