①目白の英語

ACE Program(Active Communicationin English)

ACE Program(Active Communicationin English)

ネイティブの授業は週3時間

クラスを10~15人程度とし、「話す」だけでなく、「読む」「書く」「聞く」「話す」の4技能でバランス良く学習します。中1からオールイングリッシュで授業が展開します。

詳しくはこちら

「英語を学ぶプロ」と「英語を使うプロ」のコラボレーション授業

「英語を学ぶプロ」と「英語を使うプロ」のコラボレーション授業

習った表現をアクティビティーで定着させます

目白研心では高校コミュニケーション英語Ⅰの授業は日本人教員が3単位、ネイティブ教員が2単位を担当します。日本人教員が用いる検定教科書の表現をアクティビティーを通じて使えるようにしていきます。

  • Input(日本人教員)
  • Output(ネイティブ教員)
  • Intake(内在化)

詳しくはこちら

MVP(学年の枠を越えた英単語テスト)

MVP(学年の枠を越えた英単語テスト)

後輩には負けられない

中学・高校ともに、定期試験にMVPを行います。Measure of Vocabulary Proficiencyの略字で、語彙力を測るものです。試験範囲は、中学は英単語帳の「キクタン〈中学英単語〉高校入試レベル」、高校は「キクタン Basic4000」の全範囲で、日頃の努力の成果が問われます。

詳しくはこちら

Speech Contest・Presentation

Speech Contest・Presentation

豊富なアウトプットの場

中学では毎年2月にSpeech Contestが行われます。自分で内容を考え暗唱します。目白研心では38年前から行われている伝統的な行事です。 また、高校でもクラス単位でのスピーチコンテストが開かれ、プレゼンテーションやプレイなどの発表も行われています。
目白研心では様々な発表の場を設け、日頃の英語学習の成果や達成感を味わい、次の高みを目指すきっかけにさせています。

詳しくはこちら